最近のキャッシングサービス

 

キャッシングサービスを利用される方は以前より増えてきましたね。
昔はサラ金と呼ばれ、サラリーマンの方の利用が多かったかもしれませんが、最近は主婦の方の利用も増えてきています。

 

また昔はお金を借りるとなると大変暗いイメージがありました。
お金を借りるところを人に見られないように消費者金融を利用される方も多かったのではないでしょうか。

 

しかし無人契約機の登場によりお金は以前よりだいぶ借りやすくなりました。

 

無人契約機は大手の消費者金融であれば全国展開しているところが多いですね。
しかし主要都市に集中している傾向があります。その問題を解決したのがインターネットの普及があります。

 

インターネットでお金を借りる手続きができるのです。

パソコンは今は家庭に1台あるのが当り前になりつつあります。

またパソコンがなかったとしても携帯やスマートフォンであれば持っている方も多いのではないでしょうか。

 

新生銀行カードローンの審査レイクも当然インターネットでの契約手続きに対応しており、幅広い方々に利用されています。 

 

 

金融業界の発展

金融業界はこの何十年かの間に大きな成長を成し遂げました。
消費者金融も金融業界の中で大きく発展し、キャッシングのイメージは大変明るくなりました。
暗いイメージからは脱却できたのではないでしょうか。

 

また金融業界の中で銀行のイメージもかなり変わってきました。
昔は銀行は残業が当たり前で、深夜近くまで仕事をしているイメージが強かったですね。

 

しかし、最近は銀行にもよると思いますが残業に対してはかなり厳しくなっているところが多いです。
残業できないからといって家に仕事を持ち帰るのもいけません。

 

理由は色々とありますが1つには個人情報の取り扱いについて近年、非常に厳しくなってきたことが挙げられます。
銀行というと個人情報の宝庫です。

 

銀行カードローンを利用してお金借りる人もたくさんいます。
銀行で預金を作成する時、名前や住所を記入するわけですから個人情報の宝の山なのです。
個人情報の流出を阻止するためにも個人情報を社外に持ち出すことはできなくなっています。
しかし顧客にとってみれば、個人情報の流出からくる犯罪防止にもなり、大きな変化となりました。

キャッシングの審査

お金を借りる時は必ず審査があります。レイクも例外ではありません。しかし何故お金を借りる時に審査が必要となるのでしょうか。

 

その理由は、信用のできる人でないとお金を貸すことはできないからです。信用のできない人にお金を貸してしまうと、貸したお金が返ってこないリスクが高まります。
そのリスクを避けるために審査というものが存在しているのです。

 

信用は色々な角度からはかられます。1つのことがよくても他の項目でマイナスポイントが多いと審査には不利になります。

 

1つの重要なポイントとしては誠実さも、見られる項目の1つになります。そのため質問に対しては正直に答えるようにしましょう。決して自分をよく見せようと思い、ごまかしをしたりしてはいけません。他社の加入状況も正直に答えることが必要です。

 

何故なら、他社の加入状況は調べれば消費者金融側で解るからです。しかし何故申告が必要となるのでしょうか。それは正直な人で信頼できる人であるかどうかという判断もされているのです。

 

キャッシングサービスの審査は決して難しいものではありません。
キャッシング審査とは

 

色々な借り方

キャッシングサービスからお金を借りる方法はたくさんあります。

 

店頭を訪問するのも1つの方法でしょう。しかし知り合いに絶対会いたくないという人にはおすすめではありません。

 

レイクの場合には、人が訪問して受け付けをしてくれる店舗というものはないみたいです。
その代わり、自動契約機は全国にたくさんあります。
また機械をとおしてオペレーターと話ができるので、申込に不安のある方にはいいと思います。

 

しかし、自動契約機といえども住んでいる地域により近くにない場合もあるかと思います。

また自動契約機があるところまでは行かなければいけないので、絶対に人に会わないという保証はありません。

 

そのような時におすすめなのはインターネットでの契約手続きです。

 

インターネットというとパソコンだけではありません。携帯電話もあるし、スマートフォンもあります。
パソコンは家に1台は所有している方が多いですし、仮にパソコンがなかったとしても携帯かスマートフォンは持っている方が多いのではないでしょうか。
インターネットからの申込であれば完全に人に見られることなくお金を借りることができます。

レイクが選べれる理由

お金を借りる場合、通常発生してくるのはお金を借りたことに対して利息をつけて返済しなければいけないということです。
お金を貸す側もプラスして返してもらわなければ儲けは発生しません。

 

しかしお金を借りた場合に、一定期間を経過すれば借りたお金をちゃんと返済できる場合があります。
例えば給料日が20日後に迫っている時とか、15日後にボーナスが入る場合とか、給料やボーナスが入れば借りたお金はちゃんと返済できるのにそれまでは友人の結婚式等がありどうしてもお金を借りなければいけない場合です。

その場合、無利息でお金を借りることができれば大変嬉しいですよね。

 

そのような期待に答えてくれるのがレイクです。
レイクには2つの無利息ローンがあります。

 

1つは5万円まで180日間無利息となるものです。
例えば5万円借りたとしても約6ケ月間は無利息となるのです。
5万を超えた金額を借りた場合は、5万円を超えている部分については通常金利が適用となるので注意が必要ですが5万円までなら約半年間も無利息で借りる事ができるのですから大変嬉しいですね。

選ばれるレイク

レイクのもう1つの無利息ローンは30日間無利息となるものです。
これは借りた金額の全額につき30日以内に返済すれば無利息となるものです。
この無利息ローンは給料日前とかボーナス前にはかなり使えますね。
この無利息ローンはレイクを始めてご利用される方のみが対象になりますがぜひ利用したいですね。

 

また、レイクが選べれる理由のもう1つは即日振込に対応しているということです。

 

お金を借りたいと思う時は緊急性を要することが多いでしょう。
そのような時に、審査が遅くお金を貸してくれるのも遅いところは困りますよね。

 

通常、即日振込に対応しているのはアコムやプロミスなどの消費者金融系のキャッシングサービスになります。
しかしレイクは銀行系であるにもかかわらず条件次第で即日振込も可能となっています。
また銀行系であるため総量規制の対象外であるため年収の3/1を超えての借入も可能なのです。
無人契約機も全国にあるため、大変利用しやすい消費者金融なのです。

レイクでの返済方法

お金を借りた場合、必ず返済しなければいけません。レイクには多彩な返済方法が用意されています。嬉しいのは返済方法の中で銀行振り込み以外は手数料が無料になっているということです。

 

手数料無料はささいなことかもしれませんが、お金を借りる側にとっては嬉しいものです。銀行振り込みというのは、お住まいの近くにレイクの店舗がない場合やレイクと提携しているATMがない場合に利用することになります。

 

方法はレイク指定の銀行口座に振り込むことになりますが、通常通り手数料がかかります。そのため近くにレイクの店舗や提携のATMがない場合の手段として考えた方がいいでしょう。

 

レイクATMでの返済については、年中無休でご利用でき夜間・休日も手数料が無料になっており大変おとくです。レイクのカードを持っていればレイクのカードを使えばいいですし、もし忘れたとしても大丈夫です。
自宅の電話番号(携帯もOK)と生年月日、それとカード暗証番号さえあればご利用可能となります。

レイクでの返済方法〜その2

レイクでの返済方法の中に金融機関からの自動引き落としというのがあります。これはレイクのATMまでいかくていいので大変楽ですね。自分の登録口座から毎月自動引き落としされていきます。

 

嬉しいのは自動引き落としの際の手数料が無料になるということです。自動的に自分の口座から引き落としされていきますのでうっかりと忘れるということはありませんね。しかし自分の口座への入金はちゃんとしておきましょう。

 

また提携ATMで返済するという方法があります。セブンイレブンやローソン等の提携ATMを設置しているコンビニから24時間いつでもご利用できるのです。もちろん手数料は無料です。しかし御取り扱いについては1,000円単位になるため、一括での返済には使用できませんので、そこについては注意が必要になります。

 

またWEB返済サービスというものがあります。これはパソコンや携帯電話から返済をしていく方法になります。これもお振込手数料は無料になります。

 

しかしインターネットバンキングを利用しているということが条件になります。インターネットバンキングを利用している方であれば、24時間いつでも利用でき、金融機関の営業時間外でも返済としてすぐにされます。

キャッシングサービスの申込をするにあたって

キャッシングサービスの申込をするに当たっては注意しなければいけない点がいくつかあります。まずお金を借りる際には書類が必要になります。どのような書類かというと本人確認書類です。お金を貸す側も架空の人物にお金を貸すわけにはいきません。

 

そのため必ず本人であることの確認はする必要があるのです。通常、運転免許証があれば結構です。しかし中には運転自体をされば免許を取得していない方もいらっしゃる思います。その場合は健康保険証をご準備下さい。

 

また実際の住所と運転免許証のの住所が異なっている方もいらっしゃるかと思います。その場合は、電気やガス、水道等の公共料金の領収書を準備していただく必要があります。

 

またお金を借りる際には通常、自宅や会社に連絡が消費者金融から電話があります。申込者本人であることの確認、また申告いただいた勤務先に勤務していることの確認が必要になるためです。しかし消費者金融名で電話をかけてくることはありません。

 

電話は個人名でかけてくるように配慮されていますので、誰かにばれるか心配する必要はありません。